おすすめ 自律神経失調症・パニック障害・躁鬱病 治療 症状 鬱 改善

おすすめ 自律神経失調症・パニック障害・躁鬱病 治療 症状 鬱 改善
私の周りの人達には、私が鬱で苦しんだ事を知っている友人たちもいます。

突然、夜携帯がなり、「もう死にたいんだ」等と言いだし
思うように出来ない事を嘆き、自分を責め、涙声で俺は生きていて良いのかと、問いかけます。

私はもちろん、生きていて良いんだ。みんな苦しい思いを抱え
生きているんだ。と言葉をかけると次第に落ち着きを取り戻します。

彼らには「医者に行け」楽になるからと真剣に伝えても

「いや、医者に行くほどではない」

「少しずつ良くなってきているんだ」

などと、専門医にかかる事を嫌います。

「死にたい」と考えるだけで充分医者にかかる必要が

あると思います。

中に、女性の友人から相談の電話があり、
電話口の後ろで怒鳴っている旦那さんの声が聞こえる
電話がある事もあります。

誤解のないよう、旦那さんにも電話に出てもらい、

貴男は奥さんを医者に連れて行くべきです。

と伝えても、口先だけの返事で電話を切ります。

この二人は、

奥さんが先に鬱にかかり、自宅でもう2年鬱状態だそうです。
気持ちの問題だ等と、鬱を甘く見たり、症状を認めないで
一緒にいると、旦那さんまで鬱状態に引き込まれてしまう事もあります。

もちろん鬱は人にうつったりしませんが、ご夫婦など近くの人の理解がなく、喧嘩や、我慢が続けば二人とも躁鬱状態になってしまう事もあります。

私からみれば、今、精神科を受診すれば、短期間で良くなるのにと
残念でたまりません。

何度も書きますが、躁鬱病は、良くなったり、悪くなったりを繰り返し
何年もかけ症状が悪化していきます。

自覚は非常に難しいと思います。

最悪の状態になる前に、

怒りっぽくなった。

なんだか悲しい。

感情の起伏がはが激しい。

なんだか「これが鬱」?

など、少しでも感じたら、こちらを試してみて下さい。

医者に通う時間がとれない。
まだ、医者にかかるほど悪くないと、
お考えのかたは下記をご覧下さい。

自律神経失調症・パニック障害・躁鬱病改善の方法は
下記のの二つの方法がオススメです。
医師を選ぶのと同様、両方の説明をよく読んで
御自分に合っていると思う方を試す事をおすすめします。

【荒木式】うつ病改善プログラム~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポートあり

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

photo3
はじめましてキドと申します。私も沢山の病と戦っています。幸いな事に命に関わる病は鬱一つだけでしたが、この2年で日帰り手術を含めますと9回手術を行いトータルの入院日数は150日間くらいでした。その結果、体力が大幅に落ち現在は足の筋力不足による股関節の痛みに悩まされています。毎日の薬は7錠服用しています。 手術は体力を奪われます。薬はあくまで対処療法で完治する見込みはありません。体力を取り戻し、自己治癒力を高める事が大切だと思っています。医者には解らない痛み、不快感を自分の力で治しましょう。

裏プロフィール

鬱に悩んでいる方だけに読んで頂きたいと思います。
パスワードはutuです。

このページの先頭へ